Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

モトローラMC68HC05のMCUを読み書きXPROG

これは、使用する方法については、aaのマニュアルですXPROG-m XPROGのPCBレイアウト、ピン接続や読書&命令を書き込むなど、モトローラMC68HC05ファミリにボックスのECUプログラマを。

 

パート1 - XPROG-mのプログラマのPCBレイアウト

XPROG-M-PCBレイアウト

XPROG-M-ピンアウト接続

パート2 - XPROGとMC68HC05配線接続

 

注:一部の回路接続は、適切なXPROG Mの操作を妨害することができます。

この場合は、対応するMCUピンROM回路を切断する必要があります。

 

Warnig:XPROGプログラマVppとVPPRピンが損傷する可能性がハイ電圧を持っています

回路。あなたは回路に損傷を与えることができないことを確認していない場合は、次の操作が必要

回路からこのMCUピンを外してください。

             

MC68HC05E6

XPROG-M-読み取りMC68HC05E6

マスクセット:0F82B、0G72G

発振器:3、4ピン

パッケージ:SOIC28、SDIP28

EEPROM:は0x0100 - 0x019F

XPROG-M-ピン用-MC68HC05E6

 

MC68HC05B6 / B8 / B16 / B32(PLCC52)

XPROG-M-読み取りMC68HC05B6-PLCC52

マスクセット:

発振器:16、17ピン

EEPROM:0x0101 - 0x01FF

パッケージ:PLCC52

CFG(EEPROM):は0x0100

XPROG-M-ピン用-MC68HC05B6-PLCC52

MC68HC05B6 / B8 / B16 / B32(QFP64)

XPROG-M-読み取りMC68HC05B6-QFP64

マスクセット:

発振器:28、29ピン

EEPROM:0x0101 - 0x01FF

パッケージ:QFP64

CFG(EEPROM):は0x0100

XPROG-M-ピン用-MC68HC05B6-QFP64

パート3 XPROG v5.50  読み取り、書き込み、MOTOROLA MC68HC05B16はSECUREDを確認

 

XPROGソフトウェアで

選択タイプ:MCU / MPU、サブタイプ:MOTOROLA HC05、デバイス:MC68HC05B6 / B8 / B16 / B32

XPROG-M-読み取りMC68HC05B16-1

新規をクリックし、次に読みます

XPROG-M-読み取りMC68HC05B16-2

その後、書き込みをクリックして、MCUを書きます

XPROG-M-読み取りMC68HC05B16-3

その後、確認してください

XPROG-M-読み取りMC68HC05B16-4

確認済み。XPROGはMC68HC05B16の成功を書きます。

XPROG-M-読み取りMC68HC05B16-5

http://blog.obdii365.com/2016/09/06/xprog-read-write-motorola-mc68hc05-family/