Lonsdor K518ISEプログラムAudi Q3 2013スマートキー

Lonsdor K518ISE キープログラマーによるAudi Q3 2013スマートキーのプログラミングの基本ガイド  です。


機能

1.バックアップEPROM:バックアップカーEPROMデータ。

2. EPROMを復元する:バックアップされたEPROMデータを車のコンピュータにコピーして元の状態に戻します。

3.ディーラーキーを作成します。バックアップされたEPROMデータを使用して、ブランクの新しいキーを書き込んで、直接プログラムできるディーラーキーにします。

4.キー追加(OBD):カスタマイズされたまたは生成されたディーラーキーを使用して、スマートカードに適用可能なキーを直接プログラムします。

直接キーを追加する:カスタマイズされたまたは生成されたディーラーキーを使用して、キーを直接プログラムします。

6. Deleteキー:プログラムされたキーを削除します。

7.ダッシュボードをリセットする

8.走行距離計の調整:走行距離を補正する。



注意

1.すべてのシステム操作中、ダッシュボードは消灯状態になります。これは正常です。

2.キープロセスを削除する:

ステップ1. immoデータを読み込みます。ステップ2.既存のキーを選択します。ステップ3. immoデータを書き戻します。
 

参照


チップモデル:専用48チップ

リモートタイプ:220G 315周波数

キーの胚番号:No.31

PINコードの要件:バックアップEPROMデータ

リモート生成:プログラムスマートキーが完了し、リモートが自動的に生成されます

OBDの位置:
k518ise-audi-q3-1

車のモデル
k518ise-audi-q3-2

キー
k518ise-audi-q3-3

操作
EPROM

1をバックアップします。この機能は、デバイスのEPROMデータを読み取り、K518ISEで保存できます。

スマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてから、[OK]をクリックしてください。それ以外の場合は[OK] 

3.システムは部品番号を読んで、今はセキュリティ証明書を通過し、外部コードをロードしています。

システムのデータを取得するには、約2分かかります。

5.車両のPINコードとその他の情報を読んでください。

6.保存するファイル名を入力してください。

7. EPROMデータが保存されます。


EPROMに復元


1.注:データが経由してバックアップした車のEPROMデータで書き込まれることを確認してください、起動することはできません。車につながる可能性が間違ったEPROMデータを書き込み Lonsdor K518ISE

スマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてから、[OK]をクリックしてください。それ以外の場合は[OK] 

3.システムは部品番号を読んで、今はセキュリティ証明書を通過し、外部コードをロードしています。

4.現在のデータが車のEPROMデータであることを確認してください。

5. EPROMデータを書き込むには、約2分間、忍耐強くしてください。

6.ダッシュボードをリセットすると、EPROMデータが復元されます。


ディーラーキー

1を作成します。この機能は、登録するディーラーキーを生成し、このキーを使用して「キーの追加」操作を実行することができます。

スマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてから、[OK]をクリックしてください。それ以外の場合は[OK] 

3.システムは部品番号を読んで、今はセキュリティ証明書を通過し、外部コードをロードしています。

システムのデータを取得するには、約2分かかります。

5.車のブランドを選択してください。

6.プログラムするブランクキーをK518ISEカードスロットに挿入してください。

7.ディーラーキーを成功させる。


キー追加(OBD)

1.このシステムは、スマートカードのディーラーキーを直接プログラミングするのに適しています。

(直接折り畳みディーラーキーのプログラミングに適しています)

1.この機能は、ディーラーキーをイモビライザーシステムに直接追加することができます。新しいキーをコイルに入れ、ホストを車のOBDポートに接続します。

スマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてから、[OK]をクリックしてください。それ以外の場合は[OK] 

3.システムは部品番号を読んで、今はセキュリティ証明書を通過し、外部コードをロードしています。

システムのデータを取得するには、約2分かかります。

5.イモデータを書く、約2分、忍耐してください。

6.キー完全を追加します。


キー


1を削除する。この機能は、既存のキーを削除することができます。

この機能のプロセス:

ステップ1.盗難防止データを読むステップ2.存在するキーを選択するステップ3.イモデータを書き戻す。

3.スマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてから、[OK]をクリックしてください。それ以外の場合は[OK] 

4.システムは部品番号を読んで、今はセキュリティ証明書を通過し、外部コードをロードしています。

システムのデータを取得するには、約2分かかります。

6.削除するキーを選択してください。

7.システム通信、削除完了。


ダッシュボードのリセット


1.通信を確立すると、システムはダッシュボードをリセットします。

リセットが完了しました。




走行距離計の調整 1.このプロセスで走行距離計の走行距離を読み取り、キャリブレーションできます。

2.車がスマートキーの場合は、イグニッションをオフにしてからイグニッションをオンにし、[OK]をクリックします。そうでない場合は[OK]をクリックします。

3.現在の走行距離を読みます。

4.セキュリティ認証と外部コードの読み込み、データの取得には約2分かかります。

5.キャリブレーションに必要な新しいマイレージを入力してください。

書き込み中...書き込みが完了しました。