Foxwell NT510でホンダのスロットルボディリセット

Hondaスロットルボディの清掃やアイドリングの再学習については、インターネット上で多くの誤解があります。いくつかの記事を読んだ後は、最初にPCMからTPSに格納されたデータをクリアせずに、アイドルの再学習を実際に行うことはできないことは明らかです。バッテリーを取り外すことはできません。最初にクリアすることなくTPSデータを書き換えることは不可能です。だからホンダマニュアルはPCMを最初にリセットすると言っている。これにより、TPSデータがクリアされ、アイドル学習を実行している間にアイドル学習が「不完全」に設定されます。


私は後で問題がない人は、おそらくそれほど多くなかったと思います。それで、コンピュータの修正があれば、問題は清掃後にそこになかったでしょう。

私は08年のホンダオデッセイで、工場のサービスマニュアルごとに150Kマイルで初めてTBを取り外して清掃した後、エンジンの減速度が1100-1500RPMのノーマル/スペックアイドル以上で急上昇していました。

私が買ったFoxwell NT510をからobdii365.com示唆されているように、それは完全に働きました。それはホンダのための他の多くの双方向機能を持っているので、私はホンダを所有して、自分の仕事をする人にそれを強く勧めます。

物語の道徳的...もしあなたがDBW電子スロットルボディを掃除しようとするなら、再学習手順を行う前にTPSに保存されたデータをリセットできるスキャンツールを用意すること、またはディーラーに持ち帰る計画あなたが終わったらそれを行うための良いスキャンツールを備えたお店があります。


カーボンがスロットルプレートとスロットルボディに蓄積すると、コンピュータはスロットルプレートをさらに補償して開き、必要な場所でアイドリング状態を維持します。これを行うように設計されています。しかし、メンテナンススケジュール(少なくともOdysseyの場合)では、アイドル状態を160Kでチェックしています。アイドル状態を確認することは、技術を見て、「うん、いいよ。」と言っているわけではありません。手続きがあります。

アイドル状態をチェックするには、OEMデータ(OBDIIだけでなく)を読み取り、rel TPSアングルとアイドルRPMをチェックできるスキャンツールを使用します。この相対スロットル位置センサ角度は、スロットルプレートが開いている角度を度で表したものです。サービスマニュアルでは、スロットルプレートが開くべき最大角度を示しています。私の場合、最大仕様は2.54度でした。私が鉱山を調べると、それはほぼ5度(150Kマイル)だったので、それをきれいにする時間だったことは明らかでした。

あなたがそれを掃除しなければ、最終的にコンピュータはスロットルプレートを最大に開き、それ以上アイドルを維持するために開くことができず、あなたはチェックエンジンのライトを得るでしょう。

双方向スキャナなしでアイドル学習手順を実行できると言う人は、間違っているだけです。

それを清掃する適切な方法は、それを車両から取り外し、TBクリーナーをきれいな布にスプレーし、TBを手動で開き、衣服でそれを拭き取ることです。シャフトに付いているブッシングからグリースを洗い流さないように、直接スプレーしないでください。

すべての作業が完了したら、Foxwell NT510のような双方向スキャンツールを使用してTPSデータをリセットして戻します(私はまだこのツールには本当に満足しています)、アイドルの再学習手順を実行します。



これが私のやり方です!TPSリセットが順番に行われています。


ここでは、Foxwell NT510マルチシステムスキャナを使用しているHonda Civicスロットルボディリセットの例を示します
同じ手順が他のホンダにも行きます。

私のスロットルボディと私のホンダの市民はひどく走ってきた!私はディーラーに自分の車を持ってきて、彼らはスロットルの位置を修正したり、簡単にリセットするために何百ドルも私に請求したかったのです。だから私はこの素敵なFoxwell NT510マルチシステムobd2スキャナー(ホンダのソフトウェアと一緒に)を買い、自分でそれをリセットしました。ここでそれを行う方法を示します。

honda-tps-reset-nt510-1

 

honda-tps-reset-nt510-2
Honda-> Loading data-> Select Region USA-> 1を選択します。新しいセクションの開始 - >初期化 - >データの読み込み 

 

honda-tps-reset-nt510-3

 

honda-tps-reset-nt510-4

 

honda-tps-reset-nt510-6
コントロールユニット→PGM F1→12を選択します。TPポジションチェック

 

honda-tps-reset-nt510-7

 

honda-tps-reset-nt510-8

 

honda-tps-reset-nt510-9

 NT510は、「スロットル位置学習値」が適正限度内にあるかどうかを確認します。続行しますか?

honda-tps-reset-nt510-10

 TP学習値のリセットを開始する

honda-tps-reset-nt510-11
完了しました。フォルトコードが保存されているかどうかを確認して消去できます。

 

honda-tps-reset-nt510-12

 

honda-tps-reset-nt510-13